私は今から2年前JRAの即パットという馬券購入の決済のため、ジャパネット銀行の口座を作成しました。
ただし私は、ゲンダマというポイントサイトを通じて申し込みました。
するとゲンダマから1000円分のポイントがもらえたのです。
ちなみに妻や両親にも教えてあげたので、全員1000円のお小遣がもらえました。
またキャッシュカードが自宅に届いたのが申し込み後ちょうど6日目だったので、その発行スピードにも驚かされました。

ジャパネット銀行は、毎月入金と出金を1回ずつ提携ATMから手数料無料で行えます。
2回目以降は、3万円未満の入金・出金には162円の手数料が、ゆうちょ銀行ATMに至っては324円の手数料がかかります。
私が実践している手数料無料でATMからお金を下ろす方法は、例えば1万円が必要な場合はまず4万円下ろします。
そして3万円を入金すれば、いずれも3万円以上なので手数料無料で利用できるというわけです。
自分のお金を下ろすのに手数料を支払うのは馬鹿らしいので、このやり方が最高です。

私は家賃を振り込む際も、ジャパネット銀行のキャッシュカードで振り込みます。
三井住友銀行のATMから振り込めば、振り込み手数料162円が1回だけ無料となるからです。
ただしそれまでにATMから1度も出金していないことが条件なので、家賃を振り込んでから出金するように心がけています。
ちなみにすぐに忘れてしまうので、「家賃を振り込んでから出金すること」と財布の中にメモを入れています。

ジャパネット銀行のキャッシュカードは、デビットカード機能が付いているので私の母が重宝しています。
年金生活の母はクレジットカードの審査に通らないため、クレジットカードが持てません。
婦人会の慰安旅行でソウルに行った際、「Visaカードの使えるお店で使えるよ」と教えたところ、「Visaカードが使えるお店がたくさんあって、いい買い物が出来た」とお土産をたくさん買って帰って来たことがありました。
デビットカードは審査がないので、年金生活の母でもいざという時に非常に便利です。

最後にジャパネット銀行は普通預金の利率が良いので、ゆうちょ銀行からこちらに乗り換えました。
ちなみに高いと言っても金利は微々たるもですが、毎月利息が支払われるところが気に入っています。
またカードローンも、初めての契約なら30日間無利息で利用できるというので、現在考慮中です。
おまけに即日融資も受けられるとのことなので、いざという時にお願いしようと思っています。

Copyright© 株買い方ジャパンネット銀行.com , 2017 AllRights Reserved.